WordPress(ワードプレス)ブログの始め方|開設から収益化までの手順を解説

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方

こんな人向けの記事です
  • WordPress(ワードプレス)ブログの始め方の手順が知りたい!
  • WordPressを使ってブログを始めたいんだけど何からすればいいのか分からない・・・。
  • WordPressブログを始めようと思ったけど、サーバーやドメインの手続きなど分からないことだらけで困っている。。
WordPressブログの始め方を教える人
このページの手順に沿って作業をすれば、初心者でもWordPressブログがすぐに始められます!

本記事のテーマは、『WordPress(ワードプレス)を使ったブログの始め方』です。

WordPressブログを始めるために必要な手順を、「ブログの開設」から「収益化」までスクリーンショット画像付きで解説しています。

本記事で紹介するWordPressの始め方は、「プログラミングコードを書く」といった難しい作業は一切無く、基本的にはマウス操作のみで、簡単にWordPressブログを始められる構成となっております。

お手元に用意するもの
  • スマートフォン or 携帯電話 ・・・ サーバー申し込み時、本人確認に必要
  • クレジットカード ・・・ サーバーの支払いに必要

本記事では、これからWordPressブログの始め方の手順を進めていく方へ向けて、少しでもお得にWordPressが始められるように、独自ドメイン(開設するブログで利用するURL)の無料特典と、サーバー代金の割引特典を受けられる手順を解説しています。これからWordPressブログを始める方は、ぜひ特典をご利用ください。

WordPressブログの始め方|全体の流れ

まずはWordPressブログの始め方の全体の流れを把握しましょう。
最近のサーバーには「WordPressクイックスタート機能」が搭載されており、画面の指示に従いクリックしていくだけで、初心者でも “短時間” で “簡単” にWordPressブログを始められるようになっています。

従来のWordPressブログの始め方

従来のwordpress(ワードプレス)ブログの始め方

今までのWordPressブログの始め方では「ドメインとサーバーの紐付け」や「独自SSLの設定」など難しい作業を行う必要がありました。

超簡単!WordPressクイックスタートでの始め方(本記事で紹介)

現在のWordPress(ワードプレス)ブログの始め方
時間のかかる作業が全て自動化されるので、初心者でも “簡単” に “短時間” でWordPressブログが始められます!

それでは、Step1から作業を開始しましょう!

始め方Step1|WordPressブログの始め方手順

ワードプレスブログの始め方Step1|サーバーの契約をしよう
WordPressブログをインターネット上に公開するには、WordPressブログのデータを保管する「サーバー」と、サーバー上のデータを読みに行く「URL(ドメイン)」が必要になります!

まずは、WordPressブログのデータを保管するための「サーバー」を用意します。

サーバーを提供している会社は数多くありますが、GMOが提供している国内最速のレンタルサーバー「ConoHa WING」というサーバーが1番おすすめです。

※当サイトもConoHa WINGで運用されています。

ConoHa WINGを選ぶメリット

  • サーバー応答速度が国内最速でサイトの表示スピードが超速い!(重要)
  • 高スペックなのにサーバー費用が安い。さらに、独自ドメインが永久無料で使える。
  • 初心者には難しいキャッシュ処理や常時SSL化などの運用サポートも良好。
  • 操作画面がどのサーバーよりも分かりやすく設計されており、初心者でも挫折しない!
サイトの表示速度はSEOの評価基準にもなっていて、自分の記事を検索結果上位に表示させるために非常に重要です!
SEOとは
SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化を意味し、GoogleやYahoo!などの検索結果で、自サイトを上位に表示させる技術のことです。
レンタルサーバーのページ表示速度の比較表
おすすめレンタルサーバーランキング 【1~10位】おすすめレンタルサーバーランキング【速度・料金・安定性】
mixhost

mixhost サーバーもConoHa WINGと同等にスペックが高く、おすすめの良サーバーです。
しかし、mixhostはcPanelという操作画面を採用しており、サーバー側の運用を行う際、初心者には取り扱いのハードルが高めです。値段もConoHa WINGより高いので、これからWordPressブログを始める人はConoHa WINGを選ぶことをおすすめします。
mixhostのWordPressの開設手順はこちら

mixhostがConoHa WINGに劣っているところ
  • 価格がConoHa WINGに比べて高い。また、ドメイン費用もかかる。(ConoHa WINGはドメイン費無料)
  • サポート体制がメールのみ。(ConoHa WINGは電話・メール・チャットで連絡可能)
  • 操作画面が使いにくい。(mixhostはcPanelという海外基準の管理画面。ConoHa WINGは初心者でも理解しやすいデザインに設計されている)
エックスサーバー

エックスサーバー はレンタルサーバー会社としては老舗のため利用者が多く、ConoHa WINGやmixhostが台頭する2018年頃までは、「レンタルサーバーといえばエックスサーバーだよね」と言われるほど人気でした。しかし、ここ数年でConoHa WINGなどスペックや価格を上回るサーバーが出てきたため、現在ではエックスサーバーからConoHa WINGに乗り換えるユーザーが続出しており、これからWordPressブログを始める人がエックスサーバーを選ぶメリットはほとんどありません。
エックスサーバーのWordPressブログの開設手順はこちら

ConoHa WINGの運営元は超大手の「GMOグループ」なので、いきなり倒産して、サーバーが使えなくなるといったリスクも非常に低いです。他のサーバーへのこだわりが特になければConoHa WINGを選んでおくことをおすすめします
その他サーバー

さくらのレンタルサーバもネット黎明期の1997年からサービスを開始しており有名ですが、少し開発者向けなので初心者は初期設定でつまづきやすいと思います。

カラフルボックス はサーバー障害が多く(直近1年間で20回ほど発生)、不安定なためおすすめしません。
ロリポップは使い勝手が非常に悪いです。選択するメリットはほぼ無いので選ばないようにしましょう。

ConoHa WING mixhost エックスサーバー さくらサーバー ロリポップ カラフルボックス
初期費用 無料 無料 3,000円 1,048円 1,500円 2,000円
月額費用 760円~ 880円~ 900円~ 524円 500円~ 880円~
容量 SSD 250GB SSD 250GB SSD 200GB HDD 100GB HDD 120GB SSD 300GB
独自SSL無料
自動バックアップ 無料 無料 5,000円~ 無料 機能無し 無料
http/2
サーバー応答速度
(国内最速)
転送量 4.5TB/月 4.5TB/月 4.5TB/月 80GB/日 100GB/日 3TB/月
プラン切り替えの柔軟性 即時 即時 月単位 変更不可 ダウングレード不可 即時
サポート体制 電話・メール・チャット メールのみ 電話・メール 電話・メール 電話・メール・チャット 電話・メール・チャット
※スタンダードプランでの比較
サーバーの契約手順

それでは、WordPressブログのデータを保管するサーバーの契約を進めていきましょう!
サーバーはお店に行って契約するのではなく、インターネット上から申し込みます。

まずは、こちらよりConoHa WINGの申込みページを開いてください。

上記ボタンからお申し込みいただいた方は、ConoHa WINGのレンタルサーバー料金(初回支払い金額)が自動的に割引になります。
これから、WordPressブログの始め方の手順を進めていく方へ向けて、少しでもお得にWordPressブログが始められるように手配させていただきましたので、ぜひお使いください。

WordPressブログの始め方 手順1-1(完了率 10%)

ConoHa WINGの申込みページにアクセス

初めてご利用の方の欄に、メールアドレスと希望するパスワードを入力し、次へをクリック

次のページが表示されるまで10~20秒程かかる場合があります。

WordPressブログの始め方 手順1-2(完了率 20%)
プラン選択

サーバーの契約期間プランを選択します。

wordpressブログ用のプランを選択

この画面で表示される合計金額は、割引クーポン反映前の金額です。
割引特典は「次のページ(お客様情報入力画面)」で反映されます。

選択項目の説明
  • 料金タイプ
    WINGパックを選択。
  • 契約期間
    任意の契約期間を選択。(契約期間が長くなるほど料金が安くなるシステム。一括払いなのでご注意ください)
  • プラン
    基本的にはベーシックで充分です。ConoHa WINGはプラン変更がいつでも可能なので、後でサーバー強化したくなった場合は、いつでも変更できます。
  • 初期ドメイン
    基本的に使わないので適当な文字列でOKです。(これから作るブログには一切関係ありません)
  • サーバー名
    何でもOKです。(特にこだわりが無ければそのままでOK)

WordPressブログの始め方 手順2-1(完了率 40%)
ドメインの設定・WordPressログイン情報の登録

WordPressのかんたんセットアップ利用するを選択します。

選択項目の説明
  • 作成サイト名
    WordPressブログのブログ名を入力します。(後から変更可能です)
  • 作成サイト用新規ドメイン
    WordPressブログで利用したいドメイン名を入力します(ここで入力したドメイン名が、そのままWordPressブログのURLになります)。
ドメインとは?
ドメインはURLの最初の部分のことです。
Youtubeならhttps://www.youtube.comがドメイン。
このブログならhttps://yokaport.comがドメインです。
  • WordPressユーザー名
    自分が設定したいユーザー名を入力。ログイン時に必要な情報になります
  • WordPressパスワード
    自分が設定したいパスワードを入力。ログイン時に必要な情報になります
  • WordPressテーマ
    チェックしなくてOK。WordPressには、SANGOやCocoon以外にも7,000以上のテーマがあります。後ほどのステップ(Step2で紹介します)で「他のWordPressテーマを含めて好みのテーマを選んで欲しい」ので、ここではチェックしなくてOKです。(もし、後で『やっぱりSANGOやCocoonがいい!』となった場合もConoHa WINGの管理画面から同じ割引額で購入できます)
入力が完了したら次へをクリックしましょう。
よくある質問

ドメイン名って何にすればいいですか?

ブログ名と同じか、関連する文字列にするのがおすすめです(日本語表記ではなくアルファベット表記で入力しましょう)。
ドメインの末尾は、WordPressで作るサイトがコーポレートサイトなのであれば.co.jp、組織運営するものであれば.org、それ以外なら.com.net.jpを選んでおけば無難です。
.jpで外国語サイトを作成すると、外国語検索をしたときに上位に表示されにくくなるので、外国人向けのブログを作る場合は.jpは避けましょう。

ドメインは早い者勝ちなので、利用したいドメインが既に他の人に取得されている場合は登録ができません。その場合は「-」(ハイフン)を挿入したり、「.com → .net」に変更するなど、取得されていない文字列を探してみましょう!
WordPressブログの始め方 手順3-1(完了率 60%)
登録情報を入力する

続いて個人情報の入力です。入力したら、次へをクリックしましょう。

wordpressブログをお得に始められる割引特典

この画面で割引特典が反映されます。
一つ前の画面と比べ合計金額が減額されていることを確認しましょう。

WordPressブログの始め方 手順3-2(完了率 70%)
本人確認

SMS認証または電話認証ボタンをクリックします。

  • SMS認証の場合
    入力した電話番号宛にショートメッセージで認証コードが届きます。
  • 電話認証の場合
    入力した電話番号宛に電話がかかってきます。(機械音声通話で認証コードが通知されます。人との通話は一切ありません。)
WordPressブログの始め方 手順3-3(完了率 80%)
認証コードの入力

通知された認証コードを入力して、送信をクリックします。

WordPressブログの始め方 手順4-1(完了率 90%)
支払い情報の入力

お支払い情報を入力してお申し込みをクリックしましょう。

WordPressブログの始め方(完了率 100%)
WordPressのインストール

サーバーのセットアップドメインの取得WordPressのインストールSSL化が自動で開始されます。※2~3分かかる場合があります。

これでWordPressのセットアップ完了です。
管理画面URLにアクセスしてWordPressにログインしてみましょう!

WordPressへのログイン
WordPressの管理画面にログインしてみよう!

WordPressの管理画面URLにアクセスし、先ほど設定したユーザー名パスワードを入力してログインしてみましょう!

WordPressの管理画面URLは
https://取得したドメイン/wp-admin/となります!
今後、WordPressで何か作業をするときには、必ずこの画面にログインする必要がありますので、ブックマークしておくことをおすすめします。

これで、WordPressを始める環境は整いました。
次は、Step2「WordPressブログテーマ(テンプレート)のダウンロード」に進みましょう!

補足|WordPressの管理画面の見方

WordPressの管理画面の見方は以下の通り。
初めは複雑に感じるかもしれませんが、よく使う機能は限られているので、不安にならなくても大丈夫です。

投稿 頻繁に利用

ブログ記事の投稿編集を行うメニュー。

メディア 頻繁に利用

WordPressにアップロードした画像動画などが集約されるメニュー。

固定ページ 頻繁に利用

お問い合わせページや運営者情報ページなど、ブログ記事以外のページは固定ページメニューを利用して作成します。ランディングページの作成も可能です。

コメント

WordPressブログの記事にコメントされた場合はこちらのメニューにコメントが表示されます。

外観 頻繁に利用

WordPressブログのサイトデザインの編集WordPressブログテーマのアップロードを行うメニュー。

プラグイン

WordPressの基本機能以外の機能を拡張できるプラグインのインストール設定を行うメニュー。

ユーザー

WordPressの管理画面にログインできるユーザーを追加・編集する場合はこちらのメニューから行います。

ツール

WordPress以外のシステムデータをインポートしたり、WordPressブログのデータを出力する場合に利用するメニュー。

設定

WordPressの基本設定を行うメニュー。

始め方Step2|WordPressブログテーマのダウンロード

ワードプレスブログの始め方Step2|WordPressにテーマを入れよう!

WordPressブログテーマとは、WordPressで利用できるブログのデザインテンプレートのことです。

有料のものを選べば、自分でSEO内部対策デザインコーディングphpカスタマイズができなくても、簡単に最適化されたブログを作成することができます。

WordPressブログのテーマは数多くありますが、テーマを選ぶときは最低限、基本的なSEO内部対策が施されているテーマを選ぶようにしましょう。

海外製のテーマは見た目は優れていても、全角文字の日本語で入力するとデザインの魅力が激減してしまったり、悪意のあるプログラムが仕込まれたテーマも存在します。テーマを選ぶ際は、日本製のテーマを購入することをおすすめします。

おすすめのWordPressブログテーマ

WordPressブログのオススメのブログテーマはこちらの記事で紹介しています。

【2020年】いま、最もおすすめのWordPressテーマランキング 【2020年】いま、最もおすすめのWordPressブログテーマランキング TOP10

ブログテーマをWordPressに入れる手順

WordPressブログテーマを購入するとテーマのデータが入ったzipファイルが貰えます。
このzipファイルをWordPressにアップロードしていきます。

ブログテーマのアップロード手順1-1(完了率10%)
テーマ画面にアクセス
WordPressの管理画面を開き、左メニューの外観テーマを選択します。
ブログテーマのアップロード手順1-2(完了率40%)
新規追加をクリック
新規追加をクリックします。
ブログテーマのアップロード手順1-3(完了率60%)
テーマのアップロードをクリック
テーマのアップロードをクリックしましょう。
ブログテーマのアップロード手順1-4(完了率80%)
テーマのインストール
ファイルを選択から、WordPressブログテーマのzipファイルを選択します。

選択できたら、 今すぐインストールをクリックしましょう。

子テーマ(大抵の場合、子テーマのファイル名には「child.zip」と名前が付けられています)がある場合は、先に親テーマ、次に子テーマの順にインストールします。

子テーマとは

通常のテーマ(親テーマ)と組み合わせて使うカスタマイズ用のテーマです。子テーマにより親テーマ自体には手を加えること無く、変えたい部分だけを上書きするような形でカスタマイズすることができます。
テーマを直接編集した場合、そのテーマがアップデートされると手を加えたファイルまで修正されてしまいますが(Web業界の用語で「先祖返り」といいます)、子テーマを使用すればテーマがアップロデートされても編集箇所の変更内容はアップデート後も保持されます。

ブログテーマのアップロード手順2-1(完了率100%)
テーマの有効化
有効化をクリックすれば、WordPressにブログテーマが適用されます。

子テーマがある場合は、親テーマではなく子テーマを有効化します。

これでWordPressのテーマのアップロードは完了です!

テーマをアップロードして有効化すると、WordPressに様々な独自機能が追加されます。 追加される機能の例は以下の通りです。

※テーマによって追加される機能は異なります。

ナビゲーションメニュー

WordPressに初めから入っていたテーマは削除してもOK。削除することで、データベースの容量が少し軽くなります。


カスタマイズメニュー

WordPressブログのサイトデザインやSEO設定などを編集できる機能。大抵の有料テーマにはデザイン編集機能は備わっています。


ウィジェットメニュー

ページのサイドカラムや上部・下部エリアにコンテンツを追加できる機能。テーマによっては追加機能が無い場合があります。


ダッシュボード

テーマのバージョンアップ情報や、会員専用フォーラムの情報が表示されます。

※テーマによって追加される機能は異なります。


テーマのアップロードが完了したら
次は、Step3「WordPressブログの初期設定」に進みましょう!

始め方Step3|WordPressブログの初期設定をする

WordPressブログの初期設定をする

WordPressのブログテーマをアップロードしたら、初期設定を行いましょう!

初めにやっておくべき初期設定を紹介します。

プラグインのインストール

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールのことです。有料のものから無料のものまで数多くあります。

基本的には、自分のやりたいことに合った好みのプラグインを使えば良いのですが、下記プラグインは最低限入れておきましょう。

必須プラグイン
  • Google XML Sitemaps
    ブログのサイト構造をGoogle検索エンジンに伝えるためのプラグイン。
  • WebSub/PubSubHubbub
    このプラグインをダウンロードして有効化することで、検索エンジンに新着ページの存在を能動的に伝えることができる。
  • MW WP Form
    問い合わせフォームの設置が簡単にできる。 ※アドセンスの審査基準を満たすために必須
  • Compress JPEG & PNG images
    WordPressブログでアップロードした画像ファイルを月500枚まで自動で圧縮してくれるプラグイン。
  • Autoptimize
    サイトの高速化を行うのにおすすめのプラグイン。CSSやJavascriptなどのリソースを最適化することがきる。

パーマリンクの設定

パーマリンクとはブログ記事のURLのドメインの後ろにつく文字列(ディレクトリと言います)のことです。

SEOやブログ運用の観点から、ブログの運用を開始した後にこのパーマリンク設定を変更することは基本的にNGです。途中で記事のURLが変わってしまうと、外部サイトやSNSからのリンクが辿れなくなったり、時間経過によるGoogleからのページ評価も0からスタートしてしまうなど、様々なデメリットが生じてしまいます。301リダイレクトを行う場合でも、全ての記事に施さなければならなくなり、内部リンクの修正やXMLサイトマップに記載しているURLの修正など様々な部分に影響が出てしまいます。そのため、パーマリンクは最初に確定させておかなければなりません。

パーマリンクのおすすめの設定

パーマリンクは以下の画像のように、投稿名で設定しておきましょう。

一般的に、URL階層とサイトのカテゴリ構造は揃えることが推奨されていますが、WordPressブログの場合、1つの記事を複数のカテゴリにぶら下げる必要があったり、将来的に柔軟なカテゴリ移動・カテゴリ編集を可能にしておく必要があるため、記事のURLにカテゴリ名は含めないことをおすすめします。

プライバシーポリシーページの作成

プライバシーポリシーページはGoogleアドセンスの審査を通過するために必須のページですので、作成しておきましょう。

このブログのプライバシーポリシーの文章をそのまま流用していただいてOKです。
プライバシーポリシーページ

お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームもGoogleアドセンスの審査を通過するために必須のページですので、作成しておきましょう。

MW WP Formというプラグインを使えば簡単に作成可能です。
MW WP Formのインストールはこちら
MW WP Formのマニュアル

Googleアナリティクスの設置

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

WordPressブログに設置することで、WordPressブログのアクセス数や、サイト内部のユーザー行動、ユーザー属性など様々な情報を得ることができます。

GoogleアナリティクスはWordPressブログに限らず、サイト運用を行う上で必須のツールですので、これから、WordPressブログを始める方は必ず設置するようにしましょう!

WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法 WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法【初心者向け】

Googleサーチコンソールの設定

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供する無料のサービスで、Googleの検索結果でのサイトのパフォーマンスをモニタリングしたり、Googleにサイトマップやインデックス申請を送ることができる、サイト運営を行う上で必須の重要なツールです。

こちらもブログ運営を行う上で必須のツールですので、必ず設定しましょう。

WordPressにサーチコンソールを設定・登録する手順【初心者向け】 WordPressにサーチコンソールを設定・登録する手順【初心者向け】

XMLサイトマップの作成

Googleサーチコンソールの登録ができたら、XMLサイトマップを作成してサーチコンソールに登録しましょう。

XMLサイトマップを登録することで、WordPressブログの運営者側からGoogleに対して、ページURLの一覧を一挙に伝えることができます。

通常、GooglebotはWebページのリンクを順番に辿りクロール(巡回)しますが、サイトが新しく、外部からのリンクが全く無い状態の場合、中々クロールされませんので必ずXMLサイトマップを作成しておきましょう。

【WordPress】xmlサイトマップの作成からサーチコンソール登録までの手順 【WordPress】XMLサイトマップの作成からサーチコンソール登録までの手順

RSS / Atomフィードの登録

XMLサイトマップをサーチコンソールに登録する作業と同時に、RSS / Atomフィードもサーチコンソールから送信しましょう。

XMLサイトマップはGoogleに対して、ページURLの一覧を一挙に伝えることができますがGooglebotが常に高頻度でクロール(巡回)してくれるとは限りません。

そのため、WordPressブログの更新情報をいち早くGoogleに伝えるためにフィードの送信を行います。

GoogleはXMLサイトマップとフィード双方の配信を推奨しているため、必ず登録するようにしましょう!

【WordPress】RSS/Atomフィードをサーチコンソールに登録する手順 【WordPress】RSS/Atomフィードをサーチコンソールに登録する手順

最後のタスク|ASPへの登録(WordPressブログの収益化)

ワードプレスブログの始め方の最後のタスク|ASPへの登録

ブログで稼ぐには、ASP(アフィリエイトサービス)への登録は必須です。初期設定が完了し、数記事アップしたら、ASPに登録してWordPressブログを収益化させましょう!

えーえすぴー・・・? アフィリエイトってなに? ブログで稼ぐってどういうこと・・・?

という人は、こちらの記事でアフィリエイトの仕組みについて解説していますのでご参考ください。

参考 アフィリエイトとは?仕組みと稼げる金額を解説

WordPressブログを収益化させるために登録すべきASP

WordPressブログを収益化させるために登録すべきASP(アフィリエイトサービス)はこちらの記事で紹介しています。

アフィリエイト広告サイト」おすすめ17選 「アフィリエイト広告サイト」おすすめ17選|評判が高いASPを紹介
特定のASPにしかない広告案件や、同じ広告でもASPによって条件や報酬単価が違う広告もあるので、必ず複数のASPに登録するようにしましょう。

WordPressブログの始め方|まとめ

本記事では、WordPressブログの始め方について紹介しました。設定、本当にお疲れさまでした。

これで一般的な「WordPressブログを始める」というスタートラインに立つことができました。ここから、”キーワード選定”や”どういう風に記事を書いていくのか”というあなたのWordPressブログライフが始まります。

最初は中々ブログへのアクセスが集まらずに、心が折れてしまうかもしれませんが、良質な記事を継続的に投稿していれば、必ず成果は出てきます。まずは狙ったキーワードで上位表示されているサイトに負けない、見やすく良質なページを作成することを目標にしましょう!

万が一、この記事の通りに作業をしたけどできなかった!という場合は、私のTwitter(@yokaport)にDMでご質問ください。

FAQ|WordPressブログの始め方でよくある質問

可能ですが、開設するスピードが格段に落ちますので、できる限りPCを用意して開設しましょう。

site:https://ブログのドメインでGoogle検索をしてみましょう。

googleの検索画面

検索結果に自分のWordPressブログが表示されない場合は、Google検索エンジンがまだあなたのブログを巡回(クロール)していないということです。
SearchConsoleというツールからインデックス登録を検索エンジンにリクエストすることができるので、時間が経っても検索エンジンにインデックスされない場合はリクエストを送りましょう。

ただブログを書くだけであれば無料ブログでも構いませんが、アフィリエイトなどで収益化させるのであればWordPressを選択しましょう。

サーバー解約後も引き続き使えます。ただし、サーバー解約後は翌年以降、通常のドメイン費用が発生します。ConoHaの管理画面内に、「サーバーメニュー」「ドメインメニュー」があり、サーバーを解約すると「サーバーメニュー」のみ消えるイメージです。
ご利用ガイド|WINGパック無料独自ドメインについて

ブログだけでなく、企業のホームページなどを作成することもできますし、そういったWordPressテーマも存在しています。世界中に存在するWebサイトの3分の2以上はWordPressで作られたサイトであると言われています。

ブログのアクセス解析がしたい場合はGoogleアナリティクスというツールを導入してください。

WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法 WordPressにGoogleアナリティクスを設置する方法【初心者向け】

無料です。

ユーザーニーズに沿った質の高い記事を書くことを心掛けてください。詳細はこちらの記事にて解説します。

【SEO】Googleが評価する質の高いコンテンツとは?【Webマーケターが徹底解説】 【SEO】Googleが評価する質の高いコンテンツとは?【Webマーケターが徹底解説】