WordPressブログの始め方|開設から収益化まで始め方を画像で解説

WordPressブログの始め方|初心者に超わかりやすく解説【2020年最新版】

こんな人向けの記事です
  • WordPressブログの始め方の手順が知りたい!
  • WordPressを使ってブログを始めたいんだけど何からすればいいのか分からない・・・
  • WordPressブログを始めようと思ったけど、サーバーやドメインの手続きなどわからないことだらけで困っている。。

本記事のテーマは、『WordPress(ワードプレス)を使ったブログの始め方』です。WordPressブログを始めるのに必要な手順を、開設から収益化までスクリーンショット画像付きで解説しています。

『WordPressでブログを始めたいんだけど、パソコンに詳しくなくて・・・』という人でも画像の指示通りに「クリック・入力」していけば、簡単にWordPressブログを始められますのでご安心ください。

始め方Step1|WordPressブログのデータを入れるサーバーを契約する

ワードプレスブログの始め方Step1|サーバーを契約する

まずは、WordPressブログのデータを保管するためのサーバーを用意します。

エックスサーバーやmixhostなど、サーバーを提供している会社は数多くありますが、ConoHa WINGというサーバーが1番おすすめです。

※当サイトもConoHa WINGで運用されています。

ConoHa WINGを選ぶメリット

  • サーバー応答速度が国内最速でサイトの表示スピードが超速い!(重要)
  • 高スペックなのにサーバー費用が安い。さらに、年間37,000円のSSLや独自ドメインが永久無料で使える。
  • WordPress簡単インストール機能あり!初心者には難しいキャッシュ処理や常時SSL化などのサポートも良好。
  • 操作画面がどのサーバーよりも分かりやすく設計されており、初心者でも挫折しない!

サイトの表示速度はSEOの評価基準にもなっていて、自分の記事を検索結果上位に表示させるために非常に重要です!
SEOとは
SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で検索エンジン最適化を意味し、GoogleやYahoo!などの検索結果で、自サイトを上位に表示させる技術のことです。
ページ表示速度の比較表
mixhost

mixhost サーバーもConoHa WINGと同等にスペックが高く、おすすめの良サーバーです。
しかし、mixhostはcPanelという操作画面を採用しており、サーバー側の運用を行う際、初心者には取り扱いのハードルが高めです。値段もConoHa WINGより高いので、これからWordPressブログを始める人はConoHa WINGを選ぶことをおすすめします。

mixhostがConoHa WINGに劣っているところ
  • 価格がConoHa WINGに比べて高い。また、ドメイン費用もかかる。(ConoHa WINGはドメイン費無料)
  • サポート体制がメールのみ。(ConoHa WINGは電話・メール・チャットで連絡可能)
  • 操作画面が使いにくい。(mixhostはcPanelという海外基準の管理画面。ConoHa WINGは初心者でも理解しやすいデザインに設計されている)
エックスサーバー

エックスサーバーはレンタルサーバー会社としては老舗のため利用者が多く、ConoHa WINGやmixhostが台頭する2018年頃までは、「レンタルサーバーといえばエックスサーバーだよね」と言われるほど人気でした。しかし、ここ数年でConoHa WINGなどスペックや価格を上回るサーバーが出てきたため、現在ではエックスサーバーからConoHa WINGに乗り換えるユーザーが続出しており、これからWordPressブログを始める人がエックスサーバーを選ぶメリットはほとんどありません。
エックスサーバーのWordPressブログの始め方はこちら

ConoHa WINGの運営元は超大手の「GMOグループ」なので、いきなり倒産して、サーバーが使えなくなるといったリスクも非常に低いです。他のサーバーへのこだわりが特になければConoHa WINGを選んでおくことをおすすめします
その他サーバー

さくらのレンタルサーバ(さくらサーバー)もネット黎明期の1997年からサービスを開始しており有名ですが、少し開発者向けなので初心者は初期設定でつまづきやすいと思います。

カラフルボックス はサーバー障害が多く(直近1年間で20回ほど発生)、不安定なためおすすめしません。
ロリポップは使い勝手が非常に悪いです。選択するメリットはほぼ無いので選ばないようにしましょう。

ConoHa WINGmixhostエックスサーバーさくらサーバーロリポップカラフルボックス
初期費用無料無料3,000円1,048円1,500円2,000円
月額費用760円~880円~900円~524円500円~880円~
容量SSD 250GBSSD 250GBSSD 200GBHDD 100GBHDD 120GBSSD 300GB
独自SSL無料
自動バックアップ無料無料5,000円~無料機能無し無料
http/2
サーバー応答速度
(国内最速)
転送量4.5TB/月4.5TB/月4.5TB/月80GB/日100GB/日3TB/月
プラン切り替えの柔軟性即時即時月単位変更不可ダウングレード不可即時
サポート体制電話・メール・チャットメールのみ電話・メール電話・メール電話・メール・チャット電話・メール・チャット

※スタンダードプランでの比較

サーバーの契約手順

それでは、WordPressブログのデータを保管するサーバーの申込みを進めていきましょう!

まずは、こちらよりConoHa WINGの申込みページを開いてください。

1.申し込みプランを選択する

WordPress(ワードプレス)ブログをmixhostで始めたい人向けに、mixhostの契約手順を解説します。
まずは、mixhost にアクセスしてください。

まずはmixhostにアクセス

mixhost のトップページへ行き、右上のお申し込みをクリックしましょう。

mixhostのサーバー申し込みのやり方

契約するプランを選択しましょう。

MEMO
プランに迷ったらスタンダードプランを選択しておけばOKです。mixhostはプラン変更がいつでも可能なので、後からサーバー強化したい場合は、いつでも変更できます。
mixhostのプランの選択

2.自分のWordPress(ワードプレス)ブログで使用したいドメイン名を入力する

新規ドメインを取得するを選択し、WordPress(ワードプレス)ブログで使用したいドメイン名を入力しましょう。入力したら、検索ボタンを押してください。

検索ボタンを押すと、入力したドメインが取得可能か判定してくれます。取得できない場合は、「他の人が既に取得しているドメイン」ということなので、別のドメインを指定しましょう。問題なければ続けるをクリックし、先に進みましょう!

WordPressブログで使用したいドメイン名を入力
ドメインとは?
ドメインはURLの最初の部分のことです。
Youtubeならhttps://www.youtube.comがドメイン。
このブログならhttps://yokaport.comがドメインです。
よくある質問

ドメイン名って何にすればいいですか?

日本語ドメイン以外であれば何でもOKです。自分が気に入ったもので、なるべく覚えやすい短めのものにしましょう。ドメインの末尾は、WordPress(ワードプレス)で作るサイトがコーポレートサイトなのであれば.co.jp、組織運営するものであれば.org、それ以外なら.com.net.jpを選んでおけば無難です。※.jpで外国語サイトを作成すると、外国語検索をしたときに上位に表示されにくくなるので、外国人向けのブログを作る場合は.jpは避けましょう。

3.契約期間とWordPress(ワードプレス)ログイン情報の入力

契約期間とWordPressログイン情報の入力

契約期間を選択しましょう。

WordPressクイックスタートの項目を、無しからWordPress自動インストールに変更しましょう。

サイト名を入力しましょう。サイト名はいつでも変更できます。

ユーサー名を入力しましょう。

ログインパスワードを入力しましょう。

全て入力したら続けるをクリックしましょう。

注意
ユーザー名とパスワードはWordPress(ワードプレス)の管理画面にログインするときに利用します。忘れないようにメモしておきましょう。

4.オプションの確認

オプションの確認方法

Whois情報公開代行のチェックは入れたままでOKです(追加費用はかかりません)。

続けるをクリック

Whois情報公開代行とは?
通常、ドメインの所有者情報はネット上に公開されています。Whois情報公開代行を利用することで、この情報を非公開にすることができます。

5.注文内容の確認

注文内容を確認し、問題なければお客様情報の入力をクリックしましょう。

注文内容の確認

6.必要事項を入力する

お客様情報ご請求先住所ドメインの登録者情報お支払い方法を入力し、注文完了をクリックしましょう。

mixhostの申し込みフォームの入力

7.WordPress(ワードプレス)にログイン

注文が完了したら以下のURLにアクセスしてみましょう!

https://取得したドメイン/wp-admin

wordpressのログイン画面

アクセスできたら、「3.契約期間とWordPressログイン情報の入力」で設定したユーザー名パスワードを入力してログインしましょう!

これで、WordPress(ワードプレス)にログインするところまで完了しました。mixhostの場合はStep2~Step4を省略できるので、Step5に進みましょう!(Step5にジャンプ
よくある質問

URLにアクセスしてもWordPress(ワードプレス)のログイン画面が表示されません!

サーバー側の処理が完了していない可能性が高いです。サーバー側の処理は最大48時間かかるので、時間をあけてから再度試しましょう。

サーバーの契約手順1-1(完了率 10%)

ConoHa WINGの申込みページにアクセス

初めてご利用の方の欄に、メールアドレスと希望するパスワードを入力し、次へをクリック

conoha wingのアカウント開設画面
サーバーの契約手順2-1(完了率 40%)
プラン選択

サーバーの契約期間やプランを選択します。

conoha wingのプラン選択画面
選択項目の説明

料金タイプ
WINGパックを選択。

契約期間
任意の契約期間を選択。(契約期間が長くなるほど料金が安くなるシステム。一括払いなのでご注意ください)

プラン
基本的にはベーシックでOK。ConoHa WINGはプラン変更がいつでも可能なので、後からサーバー強化したい場合は、いつでも変更できます。

初期ドメイン
基本的に使わないので適当な文字列でOKです。(これから作るブログには一切関係ありません)

サーバー名
何でもOKです。(特にこだわりが無ければそのままでOK)

入力が完了したら次へをクリックしましょう。

サーバーの契約手順3-1(完了率 60%)
個人情報入力

続いて個人情報の入力です。入力したら、次へをクリックしましょう。

conoha wingの個人情報入力画面
サーバーの契約手順3-2(完了率 70%)
本人確認

SMS認証または電話認証ボタンをクリックします。

conoha wingの本人確認画面
SMS認証の場合
入力した電話番号宛にショートメッセージで認証コードが届きます。
電話認証の場合
入力した電話番号宛に電話がかかってきます。(機械音声通話で認証コードが通知されます。人との通話は一切ありません。)
サーバーの契約手順3-3(完了率 80%)
認証コードの入力

通知された認証コードを入力して、送信をクリックします。

conoha wingの認証コード入力画面
サーバーの契約手順4-1(完了率 90%)
支払い方法の入力

お支払い情報を入力してお申し込みをクリックしましょう。

conoha wingの支払い情報入力画面
サーバーの契約手順(完了率 100%)
完了
これでサーバーの申し込みは完了です。このままStep2.ドメインの取得に進みましょう!
よくある質問

コンビニ支払いはできませんか?

クレジットカード以外に、コンビニ決済、銀行決済、Amazon Pay、Paypal、Alipayでの決済が選択できます。詳しくはこちらをご参考ください。

始め方Step2|WordPressブログで使うドメインを取得する

ワードプレスブログの始め方Step2|ドメインを取得する

続いて、WordPress(ワードプレス)ブログのURLとなるドメインを取得していきます。

ドメインとは?
ドメインはURLの最初の部分のことです。
Youtubeならhttps://www.youtube.comがドメイン。
このブログならhttps://yokaport.comがドメインです。

ドメインの取得手順

WINGパックの決済が完了すると、下記画像のような「無料独自ドメインを設定しますか?」というポップアップ画面が出てきます。

ドメイン新規取得を選択して、追加するをクリックしましょう。

ConoHa WINGの無料独自ドメインの作り方
ドメインの取得手順1-1(完了率 30%)
ドメイン検索

①WordPressブログで利用したいドメイン名を入力して、マークをクリックします。

conoha-wingのドメイン取得画面

.com.netなど利用したいドメインを選択して、カートに追加をクリックしましょう。

次へをクリックします。

よくある質問

ドメイン名って何にすればいいですか?

日本語ドメイン以外であれば何でもOKです。自分が気に入ったもので、なるべく覚えやすい短めのものにしましょう。ドメインの末尾(トップレベルドメイン)は、WordPressで作るサイトがコーポレートサイトなのであればco.jp、組織運営するものであれば.org、それ以外なら.com.net.jpを選んでおけば無難です。
.jpで外国語サイトを作成すると、海外で外国語検索をしたときに上位に表示されにくくなるので、外国人向けのブログを作る場合は.jpは避けましょう。

ドメインの取得手順2-1(完了率 80%)
登録情報入力

続いて、ドメインに登録する個人情報の入力を行います。
法人名は、個人の場合は入力しなくてOK。住所はローマ字表記での入力なのでご注意ください。

conoha-wingのドメイン情報入力画面

入力が完了したら、次へをクリックしましょう。

よくある質問

「WHOIS代行設定済み」ってなに?

ドメインの所有者情報を非公開にできる設定です。通常、ドメインの所有者情報はネット上に公開されており、ドメインが分かれば所有者の個人情報を特定できてしまいます。WHOIS代行は、ネット上で公開されてしまうドメイン所有者の個人情報をプライバシー保護 などの観点から非公開とできるサービスで、ConoHa WINGでは自動&無料で設定されます。

ドメインの取得手順2-2(完了率 100%)
完了

最後に、決定をクリックしましょう。

conoha-wingのドメイン取得確認画面

ドメインの取得とサーバーのセットが開始されます。これでドメインの取得は完了です!

ドメイン取得セット画面
ここまでで、サーバーとドメインの用意が完了しました。次は、Step3「サーバーにWordPressをインストールする」に進みましょう。

始め方Step3|サーバーにWordPressをインストールする

ワードプレスブログの始め方Step3|サーバーにWordPressを入れる

ここまでで、サーバーとドメインの用意が完了しました。今は、サーバーが空で何もデータが入っていない状態なので、WordPressをサーバーにインストールしていきましょう!

WordPressのインストール手順

WordPressのインストール手順1-1(完了率 30%)
インストール画面にアクセス

ドメインの取得が完了すると、下記画面が表示されますので、作成するをクリックしてWordPressのインストール画面に進みましょう。

WordPressのインストール

上記画面が表示されない場合

管理画面の左メニューサイト管理をクリック。

+アプリケーションをクリックしましょう。

conoha-wingにワードプレスをインストールするやり方
WordPressのインストール手順2-1(完了率 70%)
必要事項の入力

必要事項を入力して、保存をクリックしましょう。
※各項目の説明は画像下に記載

conoha-wingのワードプレスインストールフォーム
選択項目の説明

アプリケーション
WordPressを選択。

インストール方法
新規インストールを選択。

バージョン
最新版(数字が大きい方)を選択。

URL
wwwありor wwwなしはお好みでOK。
(「wwwあり」の場合、https://www.yokaport.comのように、ドメインの前に「www」が付きます。)
下のテキストボックスは空欄でOK

サイト名
ブログの名前を入れましょう。後からでも変更できます。

メールアドレス
自分のメールアドレスを入力。

ユーザー名
自分が設定したいユーザー名を入力。※ログイン時に必要な情報になります

パスワード
自分が設定したいパスワードを入力。※ログイン時に必要な情報になります

データベース-データベース名
何でもOK。特にこだわりがなければそのままでOKです。

データベース-ユーザー名
何でもOK。特にこだわりがなければそのままでOKです。

データベース-パスワード
何でもOK。※使用頻度は低いですが、忘れないようにメモしておきましょう。

コントロールパネルプラグイン
チェックを入れる。

自動キャッシュクリアプラグイン
チェックを入れる。

保存をクリックするとWordPressのインストールが始まります。下記画面が表示されるので、WordPressブログのドメインをクリックしましょう。

ワードプレスブログのドメインをクリック
WordPressのインストール手順(完了率 100%)
完了

管理画面URLをクリックしましょう!

ワードプレスの管理画面urlをクリック

WordPressのログイン画面が表示されます。先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力してログインしてみましょう!

wordpressのログイン画面
これでWordPressブログのインストールは完了です!続いて、WordPressのセキュリティを保護するためのSSLの設定を行います。ConoHa WINGのSSL化は超カンタンです。

始め方Step4|WordPressにSSLを設定する

始め方Step4|wordpressのssl化のやり方

続いて、WordPressブログのSSL化を行い、ブログのセキュリティを保護します。

ConoHa WINGのSSL化設定は、SSL有効化ボタンをONにするだけですので、超簡単です。
SSLとは?
SSLとはWebサイトのデータ通信を暗号化して送受信する技術のことで、サイト訪問者の情報漏洩を守る上で必須の設定です。SSL対応していないWebサイトは、情報漏洩のリスクがあるだけでなく、Googleをはじめとする検索エンジンから”信頼のおけるWebサイトである”と評価されず、検索結果で上位表示されにくくなります。

SSLの設定手順

SSLの設定手順1-1(完了率 20%)
SSLの設定画面を開く

ConoHa WINGの管理画面の左メニューサイト管理をクリック。

ConoHa WINGでワードプレスブログをSSL化するやり方

サイトセキュリティをクリック。

無料独自SSLを選択しましょう。

SSLの設定手順1-2(完了率 60%)
利用設定をONに変更

利用設定をONに変更しましょう。

無料独自sslの利用設定画面
SSLの利用設定が反映されるまで、5~15分ほどかかります。

設定が完了すると、設定中と表示されていたものが利用中に変わります。

conohawingの独自SSL設定画面
SSLの設定手順2-1(完了率 80%)
SSL有効化設定画面を開く

左メニューのサイト管理を選択。

conoha wingのssl設定画面を開く

サイト設定を選択。

WordPressブログのURLをクリックしましょう。

SSLの設定手順2-2(完了率 90%)
SSL有効化

かんたんSSL化のSSL有効化をクリックしましょう。

conoha wingのssl有効化画面
SSLの設定手順(完了率 100%)
完了
これでSSL化の設定は完了です!WordPressのURLがhttp://ではなくhttps://になっていればOKです。これで、WordPressを始める環境は整いました。次は、Step5「WordPressブログテーマ(テンプレート)のダウンロード」に進みましょう!

始め方Step5|WordPressブログテーマのダウンロード

ワードプレスブログの始め方Step5|WordPressブログテーマのダウンロード

WordPressブログテーマとは、WordPressで利用できるブログのデザインテンプレートのことです。

有料のものを選べば、自分でSEO内部対策やデザインコーディング、phpカスタマイズができなくても、簡単に最適化されたブログを作成することができます。

WordPressブログのテーマは数多くありますが、テーマを選ぶときは最低限、基本的なSEO内部対策が施されているテーマを選ぶようにしましょう。

おすすめのWordPressブログテーマ

WordPressブログのオススメのテーマはこちらの記事で紹介しています。

【2020年】いま、最もおすすめのWordPressテーマランキング 【2020年】いま、最もおすすめのWordPressブログテーマランキング TOP10

ブログテーマをWordPressに入れる手順

WordPressブログテーマを購入するとテーマのデータが入ったzipファイルが貰えます。

このzipファイルをWordPressにアップロードしていきます。

WordPressブログテーマのアップロード画面を表示する

左メニューの外観テーマを選択しましょう。

外観からテーマを選択

新規追加をクリックしましょう。

新規追加をクリック

テーマのアップロードをクリックしましょう。

テーマのアップロードをクリック

WordPressブログテーマのzipファイルをアップロードする

ファイルを選択から、WordPressブログテーマのzipファイルをアップロードしましょう。

アップロードできたら、 今すぐインストールをクリックしましょう。

今すぐインストールをクリック

有効化をクリックすれば、WordPressにブログテーマが適用されます。

有効化をクリック
これでWordPressのテーマのアップロードは完了です!

始め方Step6|WordPressブログの初期設定をする

ワードプレスブログの始め方Step6|WordPressの初期設定をする

WordPressのブログテーマをアップロードしたら、初期設定を行いましょう!

初めにやっておくべき初期設定を紹介します。

プラグインのインストール

プラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールのことです。有料のものから無料のものまで数多くあります。

基本的には、自分のやりたいことに合った好みのプラグインを使えば良いのですが、下記プラグインは最低限入れておきましょう。

必須プラグイン
  • Google XML Sitemaps
    ブログのサイト構造をGoogle検索エンジンに伝えるためのプラグイン。
  • WebSub/PubSubHubbub
    このプラグインを使うことで検索エンジンに新着ページの存在を能動的に伝えることができる。
  • MW WP Form
    問い合わせフォームの設置が簡単にできる。 ※アドセンスの審査基準を満たすために必須
  • Compress JPEG & PNG images
    WordPressブログでアップロードした画像ファイルを月500枚まで自動で圧縮してくれるプラグイン。
  • Autoptimize
    サイトの高速化を行うのにおすすめのプラグイン。CSSやJavascriptなどのリソースを最適化することがきる。

パーマリンクの設定

ワードプレスブログのパーマリンクの設定

パーマリンクとはブログ記事のURLのドメイン以下(ディレクトリ)のことです。

SEOやブログ運用の観点から、ブログの運用を開始した後にこのパーマリンク設定を変更することは基本的にNGです。途中で記事のURLが変わってしまうと、外部サイトやSNSからのリンクが辿れなくなったり、時間経過による権威性評価も0からスタートしてしまうなど、様々なデメリットが生じてしまいます。301リダイレクトを行う場合でも、全ての記事に施さなければならなくなり、内部リンクの修正やXMLサイトマップに記載しているURLの修正など様々な部分に影響が出てしまいます。そのため、パーマリンクは最初に確定させておかなければなりません。

パーマリンクのおすすめの設定

パーマリンクは以下の画像のように、投稿名で設定しておきましょう。

SEOを考慮する場合、URL階層とサイトのカテゴリ構造は揃えることが推奨されていますが、WordPressブログの場合、1つの記事を複数のカテゴリにぶら下げる必要があったり、将来的に柔軟なカテゴリ移動・カテゴリ編集を可能にしておく必要があるため、記事のURLにカテゴリ名は含めないことをおすすめします。

常時SSL化

サーバーをConoHa WINGにした人は設定不要です

ConoHa WINGは常時SSL化が自動で設定されるので、この設定は不要です

mixhostを契約して、この記事の手順通りに進めてきた人であれば、現状WordPressブログのURLはhttps://~となっているはずです。

試しに、URLをhttp://~に変更してアクセスしてみてください。おそらく、http://~でもアクセスできてしまうと思います。

常時SSL化を行い、http://~でアクセスされても、自動的にhttps://~のURLに切り替わるように設定をしましょう!

常時SSL化の設定手順

まずはmixhostのコントロールパネルを開きます。ログイン情報は、mixhostを契約したときに届いている、【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせという件名のメール内に記載されています。

コントロールパネルにログインしたら、左上にあるファイルマネージャーをクリックしましょう。

ファイルマネージャーをクリック

右上の設定をクリックしましょう。

設定をクリック

非表示のファイルを表示文字エンコードの検証ダイアログを無効にするにチェックを入れましょう。

Saveをクリックしましょう。

基本設定の入力手順

左メニューにあるフォルダ名public_htmlをクリックしましょう。

調整するファイルの選択

WordPress(ワードプレス)ブログのドメイン名がついたフォルダをクリックしましょう。

ssl化するワードプレスブログのドメインを選択

.htaccessファイルを右クリックして、Editを選択しましょう。

ssl化するワードプレスブログのhtaccessファイルを開く

1行目(# BEGIN WordPressの上)に下記コードをコピペしましょう。

1行目にコードをコピペして変更の保存をクリックする
コピペしよう!
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

コピペしたら、右上の変更の保存をクリックしましょう。

これで常時SSLの設定は完了です。試しにhttp://~でアクセスしてみて、https://~にリダイレクトされるか確認しましょう!

プライバシーポリシーページの作成

プライバシーポリシーページはGoogleアドセンスの審査を通過するために必須のページですので、作成しておきましょう。

このブログのプライバシーポリシーの文章をそのまま流用していただいてOKです。
プライバシーポリシーページ

お問い合わせフォームの作成

お問い合わせフォームもGoogleアドセンスの審査を通過するために必須のページですので、作成しておきましょう。

MW WP Formというプラグインを使えば簡単に作成可能です。
MW WP Formのインストールはこちら
MW WP Formのマニュアル

最後のタスク|ASPへの登録(WordPressブログの収益化)

ワードプレスブログの始め方の最後のタスク|wordpress(ワードプレス)ブログをASPへ登録

ブログで稼ぐには、ASP(アフィリエイトサービス)への登録は必須です。初期設定が完了し、数記事アップしたら、ASPに登録してWordPressブログを収益化させましょう!

えーえすぴー・・・? アフィリエイトってなに? ブログで稼ぐってどういうこと・・・?

という人は、こちらの記事でアフィリエイトの仕組みについて解説していますのでご参考ください。

参考 アフィリエイトとは?仕組みと稼げる金額を解説
注意
ASPへの審査を依頼する前に、必ずサイト内へのプライバシーポリシーやお問い合わせフォームの設置、運営者情報、記事数記事は用意するようにしましょう。
Googleアドセンスの資格要件

WordPressブログを収益化させるために登録すべきASP

WordPressブログを収益化させるために登録すべきASP(アフィリエイトサービス)はこちらの記事で紹介しています。

「アフィリエイト広告サイト」おすすめ17選|評判が高いASPをご紹介 「アフィリエイト広告サイト」おすすめ17選|評判が高いASPを紹介
特定のASPにしかない広告案件や、同じ広告でもASPによって条件や報酬単価が違う広告もあるので、必ず複数のASPに登録するようにしましょう。

まとめ|さぁ!WordPressでブログを始めよう!

本記事では、WordPressブログの始め方について紹介しました。設定、本当にお疲れさまでした。

これで一般的な「WordPressブログを始める」というスタートラインに立つことができました。ここから、”キーワード選定”や”どういう風に記事を書いていくのか”というあなたのWordPressブログライフが始まります。

最初は中々ブログへのアクセスが集まらずに、心が折れてしまうかもしれませんが、まずは100記事書くことを目標にブログ運営を継続することを意識しましょう!

万が一、この記事の通りに作業をしたけどできなかった!という場合は、私のTwitter(@yokaport)にDMでご質問ください。

FAQ|WordPressブログの始め方でよくある質問

可能ですが、開設するスピードが格段に落ちますので、できる限りPCを用意して開設しましょう。

site:https://ブログのドメインでGoogle検索をしてみましょう。

googleの検索画面

検索結果に自分のWordPressブログが表示されない場合は、Google検索エンジンがまだあなたのブログを巡回(クロール)していないということです。
SearchConsoleというツールからインデックス登録を検索エンジンにリクエストすることができるので、時間が経っても検索エンジンにインデックスされない場合はリクエストを送りましょう。

wordpressブログをサーチコンソールでインデックス依頼する

ただブログを書くだけであれば無料ブログでも構いませんが、アフィリエイトなどで収益化させるのであればWordPressを選択しましょう。

ブログだけでなく、企業のホームページなどを作成することもできますし、そういったWordPressテーマも存在しています。世界中に存在するWebサイトの3分の2以上はWordPressで作られたサイトであると言われています。

ブログのアクセス解析がしたい場合はGoogleアナリティクスというツールを導入してください。
Googleアナリティクス

無料です。

ユーザーニーズに沿った質の高い記事を書くことを心掛けてください。詳細はこちらの記事にて解説します。

【SEO】Googleが評価する質の高いコンテンツとは?【Webマーケターが徹底解説】 【SEO】Googleが評価する質の高いコンテンツとは?【Webマーケターが徹底解説】