【SEO】絶対に知っておくべき対策キーワードの選定方法【手順公開】

ホームページやブログのSEO対策として、キーワード選びが重要ってよく聞くけど、SEO対策をする際のキーワードの選定方法ってどうすればいいの?

本記事では、こんな悩みを解決します

こんにちは。Webマーケターのぽーと(@yokaport)です。 今回のテーマは、SEO対策でキーワードを選ぶ時に、絶対に知っておくべき対策キーワードの選定方法です。 SEOは対策キーワードの選定で勝負が決まるといっても過言ではありません。 対策キーワードの選定は、LP作成や記事を書く際に、まず最初にやらなければならない工程なのですが、意外とできていない人が多く・・・。

ここができていないと、Googleがコンテンツを評価する際に用いる指標の1つ『Needs Met評価』で評価されず、将来的なアクセスアップに悪影響がでてしまいますので、ぜひしっかりと理解してください。

SEO対策をするキーワード候補の洗い出し

SEO対策をするキーワード候補の洗い出し

まずは、自社のビジネスやプロダクト、ブログで取り扱っているカテゴリなどで、検索されうるキーワードを様々な手法で網羅的に洗い出します。

「どのキーワードをSEO対策キーワードにするか」という作業は、キーワード候補を洗い出した後に行うので、ここではなるべくたくさんのキーワードを洗い出すように意識します。

キーワード候補の洗い出し手順は以下の通りです。

STEP.1
軸キーワードの選定
STEP.2
掛け合わせキーワードの抽出
STEP.3
関連キーワードの抽出
どんなジャンルの事業、ブログでも使える方法ですが、具体例を挙げて解説するために、今回は、僕が愛用しているマウス『LogicoolのゲーミングマウスG703』を例に解説します。

軸キーワードの選定

Webサイトで取り扱っているコンテンツのジャンル・カテゴリ・商品名を軸キーワードで出していきます。

例えば、『ニンテンドーSwitch』であれば、「遊び」「ゲーム」「ゲーム機」「据え置き型ゲーム機」「任天堂」「Switch」みたいな感じです。

大きなくくりのキーワードから小さなくくりのキーワードまで横断的に選定します。

『LogicoolのゲーミングマウスG703』の場合は下図のような感じになります。

単体キーワードの選定

ここで出した軸キーワードを起点に、キーワード候補を膨らませていきます。

掛け合わせキーワードの抽出

掛け合わせキーワードとは、「軸キーワード+〇〇」の形式で、軸キーワードと組み合わせて検索されているキーワードのことです。

先ほど選定した軸キーワードを起点に抽出していきます。

抽出には、無料で使える関連キーワード取得ツール(仮名・β版)を使いましょう。

掛け合わせキーワードの抽出

軸キーワードを入力すると、掛け合わせキーワードを一覧で出してくれます。

右側に重複除去されたキーワードリストが出力されるので、コピーして以下のようにExcelに張り付けましょう。

キーワードリスト

以降は、同じ手順ですべての軸キーワードで掛け合わせキーワードを抽出します。

関連キーワードの抽出

続いて、関連キーワードの抽出を行います。

関連キーワードの抽出には、『キーワードプランナー』というツールを使います。

キーワードプランナーは、Google広告アカウントを持っていれば誰でも使うことができるツールです。

キーワードプランナーは、キーワードの月間検索ボリュームや、デバイス別の検索割合、自社が属する業界でよく検索されているキーワードなどが調査でき、SEOでの市場調査でも非常に有効です。導入していない人は、この機会に導入しておきましょう。

キーワードプランナーのページを開き、[新しいキーワードを見つける]から、軸キーワードを入力します。

新しいキーワードを見つける

すると、関連キーワードを一覧で出してくれるので、右上の[キーワード候補をダウンロード]からダウンロードし、先ほどのExcelに追加でキーワードを張り付けます。

関連キーワードの抽出

以降は、同じ手順ですべての軸キーワードで関連キーワードを抽出します。

抽出したキーワードの検索ボリュームの調査

SEO対策をするキーワード候補の洗い出しができたら、次は洗い出したキーワードの検索ボリュームを調べていきます。

闇雲にSEOキーワードを決めても、全く検索ボリュームが全く無いキーワードであれば、集客やコンバージョンにはつながりません。

どんなキーワードの検索ボリュームが大きいのか?キーワードごとのニーズの大きさを知り、対策優先順位をつけましょう。

検索ボリュームの調査手順

検索ボリュームの調査にはGoogleの『キーワードプランナー』を使います。

はい。またキーワードプランナーです(笑)

キーワードプランナーにアクセスして、[検索のボリュームと予測データを確認する]を選択し、先ほどまでの工程でExcelに貼り付けておいたSEOキーワード候補をコピーしテキストボックスにペースト。[開始する]をクリックしましょう。

すると、下図のように各キーワードの検索ボリュームを表示してくれます。

右上のダウンロードボタンから[プランの過去の指標(.csv)]を選択し、CSVダウンロードしましょう。

キーワードの過去の検索ボリューム
MEMO
月間平均検索ボリュームは広告出稿で支払いをしていない場合、実数ではなく「100~1000」といったような表示のされ方になってしまいます。Google広告は数百円でも出稿ができるので、より正確な検索ボリュームが知りたい場合は広告出稿を検討しましょう。(数百円でOKです)

CSVダウンロードしたら、下図のように「キーワード」と「検索ボリューム」を表にします。

キーワードごとの検索ボリュームの表

これで検索ボリュームの調査は完了です。

検索ボリュームの大きなキーワード=需要の高いキーワードと判断できますが、検索ボリュームの大きなキーワードを対策キーワードにするわけではありません

検索キーワードは、同じニーズであっても異なるキーワードで検索されることが多いため、ニーズごとに検索キーワードをグループ分けして、検索ニーズごとの検索ボリュームを知る必要があります。

検索キーワードをニーズごとにグループ分けする

検索キーワードをニーズごとにグループ分けする

抽出したキーワードをユーザーの検索意図ごとにグループ分けしていきます。

下表に『ゲーミングマウス』で抽出したキーワードにおける、グループとキーワード例を挙げます。

グループキーワード例
社名・商品名ロジクール、G703
競合他社elecom マウス、asus マウス
既存顧客G703 修理、G703 ドライバー
業界ビッグワードマウス、pc マウス
業界カテゴリビッグワードゲーミングマウス
機能・デザイン(指名)ロジクール マウス 無線 、ロジクール 静音 マウス、G703 白
価格・費用(指名)g703 価格、ロジクール ゲーミングマウス 安い
評判・比較(指名)ロジクール マウス 人気、G703 レビュー
目的・手法(指名)PUBG ロジクール ゲーミングマウス 、ロジクール マウス 動画編集
購入手段(指名)G703 ビックカメラ、G703 中古
属性(指名)G703 左利き、ロジクール 手が小さい マウス
機能・デザイン(汎用)ワイヤレス マウス 、ゲーミングマウス 静音、マウス かわいい
価格・費用(汎用)ゲーミングマウス 安い、マウス 価格
評判・比較(汎用)ゲーミングマウス おすすめ、ゲーミングマウス 比較、ゲーミングマウス 売れ筋
目的・手法(汎用)マウス 仕事 、ゲーミングマウス 持ち運び
購入手段(汎用)amazon ゲーミングマウス 、ゲーミングマウス 秋葉原
属性(汎用)ゲーミングマウス 女性、ゲーミングマウス 左利き
悩み・課題マウス 手首 痛い 、マウス 遅い、ゲーミングマウス 重い
悩み・課題の原因PC作業 超時間
ライフ業務効率化 プレゼント
代替手段パソコン 便利機能

こんな感じです。

検索キーワードからユーザーの検索意図が判断できない場合は実際に検索しましょう。

検索エンジンは、検索キーワードごとに検索をしたユーザーがどんな情報を求めているのかを推測して検索結果を表示しています。実際に検索してみて、検索結果のニーズが近いグループに分類しましょう。

グループ分けした検索キーワードをExcelに反映

グループ分けした検索キーワードをExcelに反映

検索キーワードのグループ分けをした例です。

キーワードの抽出から、検索ボリュームの調査、ニーズごとのグループ分けまでが終われば、コンテンツごとの対策キーワードを検討することが可能ですが、より作成するコンテンツの重要度・優先度を可視化させるため、マッピング作業を行います。

マッピングを行うことで、提供コンテンツの最適化やどこに自社のリソースを充てるか、Webマーケティングのアプローチ手法(SEO、広告、SNSのどれが最適か)などの全体戦略も判断しやすくなります。

グループ分けしたキーワードをマッピングする

グループ分けしたキーワードをマッピングする

マッピングは商品・サービスの『想起度』と『CV意欲』の2軸を用います。

  1. 想起度=自社商品や自社サービスをどの程度思い浮かべているかの程度。自社サービスとの距離。
  2. CV意欲=Webサイトで設定しているCV(コンバージョン)に対する意欲。ECサイトでは「購入意欲の高さ」、iPhoneの修理への申し込みをCVとしているサイトであれば、「修理への意欲の強さ」が軸となる。

想起度をキーワードごとに設定

想起度は以下の3つに分けます。

  1. 指名検索ユーザー=固有名詞レベルで特定の商品や特定のサービスを明確にしている。
  2. 顕在ユーザー=固有名詞レベルでの検索には至っていないが、ジャンル・カテゴリを想起している。
  3. 潜在ユーザー=商品のジャンルやカテゴリを早期しておらず、Webサイトが目的とするユーザーアクションから遠いユーザー。

先ほどグループ分けしたキーワードを分類すると、下表のようになります。

想起度グループキーワード例
指名検索ユーザー社名・商品名ロジクール、G703
競合他社elecom マウス、asus マウス
既存顧客G703 修理、G703 ドライバー
機能・デザイン(指名)ロジクール マウス 無線 、ロジクール 静音 マウス、G703 白
価格・費用(指名)g703 価格、ロジクール ゲーミングマウス 安い
評判・比較(指名)ロジクール マウス 人気、G703 レビュー
目的・手法(指名)PUBG ロジクール ゲーミングマウス 、ロジクール マウス 動画編集
購入手段(指名)G703 ビックカメラ、G703 中古
属性(指名)G703 左利き、ロジクール 手が小さい マウス
顕在ユーザー業界ビッグワードマウス、pc マウス
業界カテゴリビッグワードゲーミングマウス
機能・デザイン(汎用)ワイヤレス マウス 、ゲーミングマウス 静音、マウス かわいい
価格・費用(汎用)ゲーミングマウス 安い、マウス 価格
評判・比較(汎用)ゲーミングマウス おすすめ、ゲーミングマウス 比較、ゲーミングマウス 売れ筋
目的・手法(汎用)マウス 仕事 、ゲーミングマウス 持ち運び
購入手段(汎用)amazon ゲーミングマウス 、ゲーミングマウス 秋葉原
属性(汎用)ゲーミングマウス 女性、ゲーミングマウス 左利き
悩み・課題マウス 手首 痛い 、マウス 遅い、ゲーミングマウス 重い
潜在ユーザー 悩み・課題の原因PC作業 超時間
ライフ業務効率化 プレゼント
代替手段パソコン 便利機能

検索ボリュームと組み合わせて、下図のようにまとめましょう。

検索キーワードを想起度に分ける

想起度とCV意欲を掛け合わせてマッピングする

想起度で分類したキーワードにCV意欲を掛け合わせてマッピングします。

マップ内に記載している数字は、各グループの月間検索ボリュームの合計数です。

上図内右上の「想起度が高く」、「購入意欲も高い」グループほど、ユーザーのモチベーションが高いため、成果が出しやすく(広告運用の場合CPAが低くなりやすい)、右上のグループから離れるほど成果を出すのに時間とコストが必要になります。

そのため、右上のキーワードグループから優先して対策していくというのが基本的な戦略になります。

思いついたキーワードをランダムに対策するのではなく、網羅的にキーワードを洗い出して分類すると抜けや漏れがありません。

まとめ|SEO対策キーワードの選定方法

SEO対策キーワードの選定方法

本記事では、SEO対策キーワードの選定方法について手順を解説しました。

SEO対策キーワードの選定手順
  1. 軸にするキーワードを選定し、SEO対策をするキーワード候補を洗い出す
  2. 抽出したキーワードの検索ボリュームを調査する
  3. 抽出したキーワードをユーザーニーズごとにグループ分けする
  4. グループを想起度×CV意欲でマッピングする

基本的には単に検索ボリュームが大きいキーワードよりも、マッピングで右上に分類されるグループ内のキーワードから優先的にSEO対策していくと成果を早くだせますよ。

また、対策するキーワードを決めたら、ページのコンテンツは、必ず検索エンジンが推測している「選定した対策キーワードのユーザーニーズ」に合わせましょう

ユーザーニーズが分からない場合は“実際に検索する”。(大事なことなので・・・)

こういった記事は定期的に投稿するので、Twitter(@yokaport)もフォローいただけますと幸いです。

      WordPress(ワードプレス)ブログの始め方 WordPress(ワードプレス)ブログの始め方|開設から収益化までの手順を解説