【要注意!】リスティング広告のアカウント構成を考えるときの注意点【ヒント:シンプル】

【要注意!】リスティング広告のアカウント構成を考えるときの注意点【ヒント:シンプル】

こんな人向けの記事です
  • これからリスティング広告を始めたいんだけど、アカウント構成ってどうすればいいんだろう・・・
  • 自社のリスティング広告のアカウント構成は最適化に適したアカウント構成になっているのかな?
  • リスティング広告で成果の出やすいアカウント構成が知りたい!
こんにちは。Webマーケターのぽーと(@yokaport)です!

本記事のテーマはリスティング広告のアカウント構成を考えるときの注意点です。

Googleのリスティング広告をはじめ、現代の運用型広告は機械学習によって広告の良し悪しを判断し、効果を最大化させるために機械学習によって自動で最適化されていく機能が備わっています。

この機械学習の精度を上げるには、データ量が必要とされるのですが、そこで非常に重要になってくるのがリスティング広告のアカウント構成です。

そこで今回は、機械学習に適したアカウント構成とはどういった構成なのかについて解説します。

機械学習に適したリスティング広告のアカウント構成

機械学習に適したリスティング広告のアカウント構成

Googleリスティング広告のアカウントは、以下のような階層構造によって構成されています。

アカウント

キャンペーン

広告グループ

キーワード

キャンペーン・広告グループ毎にデータの量を蓄積されやすくするために、キャンペーンや広告グループはむやみに細分化せず自社サイトのディレクトリ構造に合わせたものにしましょう。

自社サイトのディレクトリ構造例

自社サイトのディレクトリ構造に沿ったアカウント構成にする

リスティング広告のアカウント構成

リスティング広告のアカウント構成は、出稿するサイトのディレクトリ構造に沿って、できるだけシンプルにすることで「データ量」が貯まりやすくなり機械学習が進む速度・精度が高まります。

真似してはいけないリスティング広告のアカウント構成

真似してはいけないリスティング広告のアカウント構成

リスティング広告において機械学習が前提となる以前、広告運用者によっては、キーワード毎に広告グループを作成するなど、キャンペーンや広告グループを細分化する傾向にありました。

しかし、現在ではアカウントを細分化しすぎると機械学習に必要なデータが分散されてしまい、機械学習が進まなくなるリスクがあります 。

もし同じキーワードで出稿している競合のアカウントが機械学習に適したアカウント構成になっていたら、自社のアカウントは機械学習が進まない一方で、競合アカウントはどんどん機械学習が進んでしまうので、成果に大きな差が出てしまいます・・・。

まとめ|リスティング広告のアカウント構成はシンプルにするのがベスト

人間が広告運用にあてられる時間は限られています。その中で、効率よく成果を上げるためには、機械学習を上手に利用し、運用を半自動化させていく必要があります。

そのためには、無駄にデータを分散させるようなアカウント構成にはせず、ディレクトリ構造に沿った単位で、データが蓄積されやすいアカウント構成にする必要があります。

リスティング広告を開始するときには必ず意識するようにしましょう!

      Webマーケティング職の副業のやり方 Webマーケティング職の副業のやり方【月100万円も可能】